日 本 の 旧 街 道

中  山  道 00A1   

 中山道は江戸時代に整備された五街道のひとつで、江戸の日本橋と京都の三条大橋を結ぶ街道で、当初は「中仙道」と表記したが後に「中山道」と改められた。

 00 日本橋
 01  板橋  
 02  蕨  
 03  浦和  
 04  大宮  
 05 上尾
 06 中山道桶川宿 
(山田一生)
          07 鴻巣  
 08  熊谷  
 09  深谷  
 10  本庄  
 11  新町  
 12  倉賀野  
 13  高崎  
 14  板鼻  
 15   安中宿と
杉並木
 


 碓井関所は、元和9年(1623)徳川秀忠により、横川の地に設置され、明治の廃関までの間、東海道箱根の関所と並び中山道の最重要地点として「入鉄砲と出女」を取り締まった。
 16 松井田宿
 17 坂本宿
 18 軽井沢   
 19  沓掛  
 20 追分宿
 21 小田井宿
 22  岩村田宿
 

 写真は笠取峠で標高は900m、芦田宿と長窪宿の間にあり、旅人が上り坂で暑さと疲れのあまり、いつの間にか笠をとっていることから笠取峠と呼ばれる。   
23 塩名田宿
24 八幡宿
25 望月宿
26 芦田宿
27 長窪宿
28 和田宿
29  下諏訪  
30  塩尻  
  31    
  32  奈良井宿
(冨田昌弘 17)
  33    
  34    
  35    
  36    

          古民家メニューへ戻る


背景