日 本 の 旧 街 道

三  国  街  道 00A1   

 三国街道は、中山道の高崎から分かれ北陸街道の寺泊へ至る街道で、古くは上杉謙信の越山に利用されたが、江戸時代に入り参勤交代に利用され重要視された。長岡藩、与板藩、村岡藩などの諸大名や佐渡奉行、関八州取締出役などがこの街道を利用した
 

 

 00 高崎
 01  金古  
 02  渋川  
 03  金井  
 04  北牧  
 05 横堀
 06 中山
   07 塚原  
 08  下新田  
 09   布施宿
 10  今宿  
 11 須川宿
 12  相俣  
 13 猿ヶ京宿
 14  吹路  
 15   永井宿
猿ヶ京関所は、佐渡街道とも呼ばれる佐渡からの金の輸送路でもあり、五街道に次ぐ重要な街道のひとつに数えられた。越後諸大名の参勤交代や旅人の往来、諸物資の輸送など交通が頻繁になり、ここに関所を設け監視した。
 
 16 浅貝 
 17 二居
 18 三俣   
 19 湯沢
 20  関宿
 21 塩沢宿
 22   六日町
23  五日町
            24  浦佐
25  堀之内
26  川口
27  妙見
28  六日町
29  長岡  
30  与板  
31 地蔵堂宿
32  関中島  
33 渡部宿
34  寺泊  


          古民家メニューへ戻る


背景